5/31に口頭弁論(第17回)と仮処分申し立て

pic160322dai16benron「仮処分申立」に関する資料は、当ホームページの「仮処分申立」ボタンから閲覧・ダウンロードできます。第17回口頭弁論の関係資料は「運転差止訴訟」のボタンから閲覧・ダウンロードできます。

(1)口頭弁論、今回は30分早く始まります

今回は、裁判長と左陪席の交代があり弁論更新がおこなれます。私たちの弁護団は分担して陳述を行います。時間を要するために、開始時間が30分早くなります。
(写真は前回の第16回口頭弁論で法廷に向かう原告と代理人)

第17回口頭弁論の日程(若干の変更があります)

◆日時  5月31日(火)12:30原告集合
◆場所  松山地方裁判所
◆原告は12:30集合で原告席抽選を行います。傍聴希望者は13:00に松山地裁ロビー集合。
◆傍聴席抽選券の配布と抽選は13:15or20ころから13:40ころの間に行われる見込みです。
13:45~13:50 裁判所門前まで参加者全員で歩みます。
13:55ころ、仮処分の申し立て手続きが行われます。
◆14:00 開廷
◆弁論更新手続き
・弁護団による陳述が続きます
・原告意見陳述

 立川百恵さん(松山市)、草薙順一さん(松山市)の2名が陳述します。
16時ころ(裁判終了後)~、報告集会
会場=愛媛県美術館講堂。
(*報告集会会場では、傍聴に外れた方のために、14時すぎから原発問題のDVDを上映します。)

(2)急きょ仮処分申し立て

 熊本地震は、震源が近い地震動のすさまじい破壊力を示しました。伊方も目の前に中央構造線断層帯があり、直近からの地震に見舞われる恐れがあります。原発事故ではほとんどの人が屋内退避することになっていますが、今回の地震では多くの家々が倒壊しました。屋内退避では危険なのです。
こうしたことから、私たちは新たに「仮処分」を申し立てることにしました。いっそう緊急に、伊方原発3号機の運転を差し止めるよう求めるものです。報告集会では、この「仮処分申し立て」についても報告することにしています。

シェアする

フォローする