乾式貯蔵施設について県議会に請願

 9月24日、「伊方原発をとめる会」は、草薙事務局長名義で県議会に請願を出しました。

 表題は

「乾式貯蔵に伴う使用済核燃料の長期貯蔵に反対し伊方3号機を廃炉にすることを求める請願」                               

 請願に必要な紹介議員には、菅森実(社民)、浅湫 和子(立民)、

武井多佳子(ネットワーク市民の窓)、田中克彦(共産)の4議員が署名してくださいました。

 当日は、須藤昭男、越智勇二、和田宰、松浦秀人の4名が、請願書を議会事務局に提出するとともに、紹介議員になって頂いた野党各派の控室をお礼に回わりました。

 請願項目は二つです。

 ひとつは

「乾式貯蔵計画は撤回し、伊方を長期の核廃棄物置き場としないこと」

 もうひとつは

「特重施設に巨費を投じることなく、伊方3号機を廃炉にすること」です。

 請願書には資料も添付しています。

 以下のPDFをご覧ください。190924 県議会請願書と資料(軽量)

(「決議・要請」のところにも保存しています)

シェアする

フォローする