最高裁へ特別抗告せず

松山地裁の本訴に全力傾注

弁護団ととめる会が発表

11月20日午前、「伊方原発をとめる弁護団」と「伊方原発をとめる会」は、下記見解をマスコミに発表いたしました。

2018年11月20日

報道機関 各位

ご 連 絡

伊方原発をとめる弁護団

伊方原発をとめる会

 

2018年11月15日に決定文が交付された伊方原発3号炉運転差止仮処分命令申立却下決定に対する即時抗告事件(高松高等裁判所平成29年(ラ)第100号)の上訴期間は本日までであるが、本件に関する最高裁判所への特別抗告等の申立については、最高裁では法律判断だけとなることを考慮し、松山地方裁判所の本訴において、伊方原発の危険性に関する事実の主張立証を積み重ねることを重視すべきとの判断に至り、最高裁判所に対する特別抗告等の申立はしないことにしましたので、本書によりご連絡します。

以上

シェアする

フォローする