乾式貯蔵と廃炉を考える(元原研労組委員長と)

gazo170205kansikityozogak【テーマ別学習会】
乾式貯蔵と廃炉を考える
2月5日(日)13:30~16:00
愛媛県生活文化センター 2階 第1研修室にて
講師= 元原研労組委員長 岩井 孝 さん
参加費無料

案内チラシ→ 170205乾式貯蔵学習会チラシ

原発を動かせば、核のゴミ(使用済み核燃料)が増え続けます。処理できず、たまる一方です。このところ、伊方での乾式貯蔵について、四電、知事、原子力規制委員会委員長などの発言が相次いでいます。

乾式貯蔵の意味、問題は何なのか。廃炉への手順はどうなるのか。専門家と深めます。
講師の岩井孝さんは、日本原子力開発機構で核燃料分野の研究開発に携わってきました、労働組合の委員長としても奮闘。福島事故の解明もないままの原発再稼働に反対し、プルサーマルにも「合理的必要性がない」、「やってはいけない」と反対を表明してこられました。講演と質疑を中心に、時間をたっぷり取って深めます。

シェアする

フォローする