8/20、第3次提訴で原告1002名に

130820sanjikosin伊方原発運転差止訴訟の原告団・弁護団は、8月20日に第3次提訴を行いました。新たに380名の原告が提訴し、1次・2次の原告622名と合わせ、1,002名になりました。

新たな原告には、伊方町からも2名の方が参加されました。これで、愛媛県内20市町全てに原告ができました。四国の全ての市町村95のうち、83市町村(87%)から原告が立ちあがったことになります。

また今回は、早坂暁さん(作家・脚本家)、片山恭一さん(作家)、宇都宮健児さん(前日弁連会長)、アーサー・ビナードさん(絵本作家・詩人)も原告に加わっていただきました。

訴状の提出後、R2番町ビル5階で開催された報告集会には約90名が参加し、報告・質疑と意見交換が時間いっぱいまで熱心に行われました。また、原告団は代表を3名追加して13名の原告共同代表となりました。

写真は、強い日差しの中を松山地裁に向かう原告・弁護団・支援の人々。

シェアする

フォローする