燃料装填やめよ!抗議アピール行動

nennryousoutenyameyo 6月23日、伊方原発3号機の再稼働準備に抗議し燃料装填やめよ!の、抗議・アピール行動を行いました。
熊本地震で震度7が2回繰り返し、甚大な被害を及ぼした事実がありながら、見直しのないまま再稼働を強行しようとしています。
とんでもない、危険な事態です。原子力規制委員会の前委員長代理で、耐震審査の中心にいた島崎邦彦氏が、熊本地震の記録を分析して、これまでの審査に「過小評価」があったことを認めました。6月上旬のことです。heiwasewatanabe
しかも、この問題は、以前から長沢啓行氏(大阪府立大学)などが指摘してきたことの一部であり、長沢氏は四国電力が重大な「過小評価」があるとして、私たちとともに原子力規制委員会に異議申立を行っています。
参加者はリレートークを行い、伊方原発の再稼働をやめるよう強く訴えました。参加者は約60名でした。締め括りの発言を平和運動センターの渡邊典子さんが行いました。

(写真上は横断幕を掲げ、「地震が来るのに」パンフを配る参加者/写真下は発言をする渡邊典子さん)

シェアする

フォローする