伊方稼働させず廃炉求める集会・デモに470名

130310hatugennshatati3月10日、伊方原発を稼働させず廃炉計画を求める愛媛集会が開催されました。歌声でスタートした集会は、草薙事務局長の挨拶ののち、リレートークを行いました。八西連絡協議会の近藤さん、伊方原告団事務局長の中川さん、九州玄海訴訟団から田中さん・中牟田さん・近藤さん、高知から西村さん、僧侶で県庁前金曜行動参加の徳丸さん、原発さよなら四国ネットの堀内さん、牧師で共同代表の須藤昭男さん、学生原告の中山さんなどが発言しました。集会宣言を事務局・酒井さんが読み上げ、共同代表・松浦さんがスタート集会をしめくくる挨拶を行いました。

集会に続くデモには450名余の人々が参加しました。県庁前では人々が東から西の端までびっしりと並び、「原発はいらない!」「知事は再稼働を認めるな!」「フクシマを繰り返すな!」「放射能から子どもを守れ!」と声をそろえました。デモは、県庁前から大街道・銀天街をとおり、坊っちゃん広場で流れ解散しました。

※スタート集会で参加者数を400名と発表しましたが、集会に引き続くデモ参加者と集会要項の手渡し数から、参加者数を470名と訂正いたします。

130310000

130310524

130310530

130310535

130310548

シェアする

フォローする