8月の《伊方原発いらん!!市駅前アクション》報告

 お盆の最中、しかも大型台風10号が四国に接近中と報道される微妙な天気の中の定例アクションでした。9名が参加し、いつものように道行く人々に漫画パンフレットを配り、リレースピーチで伊方原発の廃炉を訴えました。

 お盆で他県に帰省中のキーボード奏者に代わって、トレインズから二人のギタリストが駆けつけ、原発さよならネットワークの歌姫との初コラボも実現。「♬~ふるさとは原発を許さない♬♬~」「♬~伊方原発~廃炉にしよう♬♬~」と訴えました。

 漫画パンフを受け取り、原発についての疑問をいろいろとスタッフに尋ねる初老の男性、受け取ったパンフレットを信号待ちしながら眺める人が見受けられました。また、ある女性は受け取った後に「福島の郡山からの旅行者」だと自己紹介し、「除染した庭の土がフレコンバッグに入れられて、すぐ近くの公園に野積みされているだけ」と不安を訴えてくれました。

 9月の定例アクションは 9月11日(水)12時から松山市駅前にて行います。

伊方原発の廃炉を目指して、粘り強く訴えていきましょう!

諦めません、廃炉まで!


シェアする

フォローする