県議補選候補者に原発で公開アンケート(結果)

愛媛県議会は、渡部伸二議員(環境市民)の死去に伴い、辞職1と併せて2議席の補欠選挙となりました。10月22日投票です。伊方原発をとめる会では、立候補者に原発に関する公開アンケートを行いました。その結果を下表に示します。  アンケート用紙 ←ここから
下表は10月15日から掲載しています。異例のことですが、18日になって候補者側の都合で「回答なし」に変更する連絡が1件あり、表の左端を変更しました。

なお、愛媛新聞は10月14日付で4候補のスタートの様子を報じています。以下その要旨。角田智恵氏は「女性の視点」「医療介護現場」などに関して語り、加戸守行前知事や愛媛維新の会の県議らが駆け付けたーとした。川本健太氏は「がん対策」「出馬の動機」に関して語り、推薦する自民党の参院議員や県議、市議らが出席ーとした。武井多佳子氏は「脱原発」「護憲」などに関して語り、市民団体や共産党関係者らが脇を固めたーとした。鎌田善文氏は、「地方議会制度改革」「暮らしの安定」などに関して呼びかけたーとした。

シェアする

フォローする