《伊方原発いらん!! 市駅前アクション》へおいでんか!!

第3土曜日の午後、市駅前坊っちゃん広場に集いましょう

   伊方原発をすべて廃炉にするまで

 

 

        PDFチラシ 181205-2 伊方原発いらん!!市駅前アクション チラシ

 

 伊方原発をとめる会は、毎月第3土曜日の午後、松山市駅前坊っちゃん広場周辺で、《伊方原発いらん!! 市駅前アクション》を行います。どうぞお集まりください。

  高松高裁の不当な決定への憤りを行動にあらわしましょう。

<伊方原発いらん!!  市駅前アクション>

       ◎12月15日(土)13:30~

       ◎ 1月26日(土)13:30~

         (1月は都合により第4土曜日に実施します)

       ◎ 2月16日(土)13:30~

       ◎ 3月16日(土)13:30~

 

 四国電力伊方原子力発電所3号機は、10月27日、1年ぶりに再稼働してしまいました。昨年12月13日の広島高裁の運転禁止を命じる仮処分決定を受けて、定期点検後も運転できない状態が続いていましたが、今年9月に広島高裁の異議審で決定が覆されました。高松高裁も11月15日、運転差止を求める仮処分の申し立てを却下する不当な決定を出しました。

  私たちは、原発NO!の声を上げつづけます

 再稼働を許すことはできません。近年、地震の脅威だけでなく想定をはるかに超えた自然災害が多発しています。原発を停めていても、この夏の猛暑に電気は十分足りていました。それでも四国電力は、経済優先、企業利益のために住民の安全を危険にさらして原発を動かすのです。

未来に負の遺産を残さないために

  福島をくり返してはなりません。持って行き場も処理方法も確立していない使用済み核燃料をこれ以上増やしてはなりません。故郷を失わないために、生活や家族や命を守るために、瀬戸内海を死の海にしないために、いっしょに想いを伝えましょう。